ページトップ

夢を持つすべての人のお手伝いをするグローバル英語学院

ブログ

blog

キッズコース スーパーコース レギュラーコース

幼児期に英語を始めるべき3つの理由【奈良西大寺の英会話教室】

幼児期に英語を始めるべき3つの理由【奈良西大寺の英会話教室】

幼児期に英語を始めるべき3つの理由【奈良西大寺の英会話教室】

英語をいつから習わせようか迷う方も多いです。

幼児から?小学生から?など迷ってしまうことも多いですよね。

グローバル英語学院は長年英語を教える教室として日々取り組んでまいりましたが、子供の様子や英語力を見てみると遅くても幼児期からは英語を始めるべきだと思っています。

小学生と幼児では始めた時期によって大きな差が生まれますし、今後が小学校でも英語の授業が必修化になることからより英語を求められることになります。

この記事では英語は幼児期から始めるほうが良い理由を3つ紹介していきます。

英語を学ぶ効果とメリット

日本でここまで英語といわれるようになったのはここ数年ですね。

東京オリンピックが決まり、日本の英語力の低さがわかり国をあげて英語力に磨きをかけなければならない状況となっています。

また、お父さんやお母さんが英語に苦労をした経験を子供にさせたくないという考えから英語を早いうちから勉強をさせておこうと意識を持っている人が増えたことも大きな要因だと思います。

英語を学べば「外国人と話ができる」「英語を使えて話したり、聞いたり、書いたりできる」「将来海外へいってもこまらない」「英語を話せて自信がつく」など効果はたくさんあります。

子供だと1つの単語を話せるだけでも大きな自信になりますので、子供が英語を学ぶことによる効果は大きいです。

次に英語を幼児期から学ぶ理由を書いていきます。

英語を吸収しやすい時期である

幼児期に英語を学ぶ最大のメリットは学んで何でも吸収をしてくれる時期であるという点です。

小学生になると恥ずかしさや、周りができていると比較をしてしまい一歩引いてしまったりと子供が壁を作ってしまうことがあります。

これは年齢を重ねるごとにどんどんと出てきてしまい恥ずかしさ、英語を受け入れる気持ち、レッスンへスムーズに入る準備など英語を学ぶ前の段階で時間がかかってしまうため英語のレッスンに最初の1~2ヶ月ほどはならないこともあります。

それに対して幼児期は「恥ずかしい」という気持ちはなく楽しんでくれさえすればあとは英語を徹底して学ぶ気持ちを持ってくれます。

本当に年少~年中くらいの子供は環境にさえ慣れてくれればどんどんとレッスンに入っていってくれます。

すると、英語をスポンジのように吸収をしていってくれることから必然的に英語の力が伸びていきます。

発音はもちろん、聞く、書く、読むといった英語に必要な4つの力を自然に身に着けていける時期が幼児期です。

特に発音の部分は大きく、小学校になるとひらがなやカタカナを学ぶため英語の読み方がどうしても日本語読みになってしまい、舌をうまく使えないため英語の発音ができなくなってしまいます。

しかし、幼児期に外国人や日本人の講師の発音をしっかりとしておけば口の動きで覚えていきますし、リスニングも外国人話しているスピードに慣れていくため無理なく英語を学ぶことができます。

美しい発音やリスニング力は長い時間かけて学んでいく必要があり、特に幼児期は英語をどんどんと吸収してくれる時期ですので効果を得られます。

発音は自転車の漕ぎ方や水泳の泳ぎ方と同じで一度覚えると自然と出てくるものですので、この時期に学ばせておくべきですね。

赤ちゃんからの英語の効果とは?いつから始めるべきなの?

英語でのコミュニケーションもスムーズにいく

幼児期は英語でコミュニケーションを取ることも何も違和感なくはいっていきます。 大人がいきなり英語を聞くと「この単語は○○という意味だから」と考えてしまいますが、子供は英語を音楽のように耳で聞いて理解をするようになってきます。

大人は頭が硬いけれども、子供は頭がやわらかいなんて言われますが、まさにその通りであるといえますね。

これは小学生以上の子供や中学生、大人に言えることですが英語をほとんど話すことができない人の前に外国人がいきなり話しかけてきたら来たらどうなりますか? おそらく「驚く」「どうしようと焦る」「困る」という意見があります。

無意識に外国人というフィルターを張ってしまいどのように関わればよいのかこまってしまいますよね。

ここが幼児期だとそんなことは気にせずに外国人の先生と話をしてくれるようになり、違和感もなくスムーズにコミュニケーションを取るようになってくれます。

年齢を重ねるごとに外国人というフィルターをはってしまい、苦手意識をもってしまいますが幼少期から外国人を日ごろから顔を合わせて会話をしてレッスンをしていれば子供にとっては外国人と会うことも当たり前になります。

つまり、英語や外国人とコミュニケーションを無理なくとれるようになりますので幼児期から英語を外国人から学ぶメリットは高いです。

継続して学ぶ時期として最適

英語はいきなり身につくものではありません。

日本語も難しい言語で子供達は身に着けていく必要がありますが、それ以外に英語を身に着けることになります。

第二言語と呼ばれる言葉となるためどうしても学ぶのに時間もかかってしまいます。

これを幼児期から学ぶか、小学校から学ぶか、中学校から学ぶのかによって大きな差が生まれてくるのです。

幼児期は上に紹介をしたようにスポンジのように吸収をしてくれますし、外国人とも違和感なくコミュニケーションを取ることができます。

あとはそれを継続して勉強していくことにより英語力は向上をしていきます。

英語の難しいところは長く継続して学んでいくことですし、カリキュラムが上までつながっていることです。

グローバル英語学院では英語のレベルと子供の年齢ではなく、「英語レベル」で分けています。

そのため、英語を幼少期から学んでいる子供といきなり教室へ来た子では英語力に大きな差がありますので英語力によってクラス分けをしています。

グローバル英語学院は幼児強い英語教室

グローバル英語学院は長年運営してきたノウハウがあり赤ちゃんから幼児期にかけて英語をしっかりと身に着けてもらえるようにカリキュラムを作成しています。

また、他の英会話教室との違いは一回2時間のレッスンと取り入れていることです。

週に1時間ではあっという間におわってしまいますが、週に2時間あれば内容も濃いレッスンができますし、日本人と外国人の2人がレッスンをすることになりますので子供は日々外国人と会う時間を作れますので自然にコミュニケーションをとれる環境を作っています。

もちろん英語を初めての子供の楽しんで学べるように全力でサポートしています。

いつでも体験可能ですのでお気軽にお越しください。

→ 【秋のイベント】グローバル英語学院体験レッスン

一覧に戻る