ページトップ

夢を持つすべての人のお手伝いをするグローバル英語学院

ブログ

blog

アダルトコース キッズコース スーパーコース レギュラーコース

英語は2000時間勉強すれば身に付くの?根拠と理由について

英語は2000時間勉強すれば身に付くの?根拠と理由について

英語は2000時間勉強すれば身に付くの?根拠と理由について

英語を勉強して身に着けるためには2000時間が必要だといわれています。

これは昔から言われている数字で実際に勉強をしている人に中にはこの時間を目指して勉強をする人も多いですね。

しかし、この2000時間と言うのは根拠があるのでしょうか?

実際に英語を話している人達は、2000時間以上勉強をしているのでしょうか?

この記事では英語の2000時間の根拠について書いていきます。

英語は2000時間勉強が必要なのか?

そもそも英語の2000時間といわれていますが、2000時間とはどれくらいのものなのでしょうか?

実際に英語を勉強するとなった際に一日2時間コツコツと頑張ったとしても1000日かかるという計算です。

1000日約2年半の期間を休みなく毎日2時間勉強をすれば英語が身に付くというものです。

一日2時間を継続することはもちろん難しいですし、受験生の中にはそれ以上に勉強をしている人もたくさんいるでしょう。

その2000時間ですが、そもそも根拠があるのでしょうか?

英語の勉強に2000時間必要と言われる理由と根拠

なぜこの英語の勉強に関して2000時間必要だと言われているのでしょうか?

世の中ですごく言われていますので、私も文献などをいろいろと探してみたのですが、実際にはそのような根拠ある文献などは一切みつかりませんでした。

つまり、英語を2000時間勉強をしたから英語が身に付くというのいは個人的な感想やネットに書かれている情報が多数でしたね。

英語教育を売りにしている教材販売や英語教室などが言いだしたのが始まりといわれており、根拠を示さずに営業トークの中で「英語を身に着ける位には2000時間必要なんていわれています。〇〇〇~」みたいな会話から広がったと考えられています。

しかし、同じような疑問を持っている人も多いようでさらに調べてみるとアメリカの国務省が作ったThe Foreign Service Institute (FSI)というリストを作っていました。

ここの情報を見てみると、様々な国の言語を習得するために必要な時間がかかれているリストとなっており、そこには一番習得が難しいカテゴリというものがあります。

そこに日本語が入っており習得するまでの勉強時間が2200時間かかるというものです。

これはあくまでも英語を母国語としている人が日本語を身に着けるためにはこれだけの時間がかかるというリストなのです。

それを逆に考えると日本語を母国後としている人が英語を身に着けるためには2200時間必要であるという考えが成り立ちます。

「日本語を母国語としている人は英語を学びために2000時間必要に違いない」と思われたのだと予想されます。

このリストはすでに見ることができないのですが、アメリカの政府職員を対象をする教育機関のリストとなっています。

つまり、英語を身に着けている人が日本語を覚えるには共通点があまりにも少ないため難しく2200時間かかるのですが、それを逆に考えて日本語を身に着ける人が英語を身に着けるには2200時間かかると言われているのです。

英語の環境へ行けば身に付くのか?

英語を身に着けるためにインターナショナルスクールなど英語の環境に入れる方も多いです。

しかし、実際に英語の環境にいれば毎日英語のシャワーを浴びていますので、英語が身に付くだろうと思われるのですが実際には簡単にはいかず、英語が身についている子供もいれば全く身についていない子供もいます。

実はこれについても文献などを調べてみると基本的な英語の会話力を身に着けるためには個人差が激しく2~5年程度はかかるといわれています。

つまり、一日5時間の英語の授業を学んだ場合に年間200日あれば1年で1000時間の英語の授業を受けたことになります。

それを2年継続して身に着けられる子供もいれば、5年かかる子供もいます。

あとは英語の勉強の質や、その学校以外に英語に触れる環境があるのかという点が重要です。

日本では2000時間でも英語を身に着けることは困難?

実際に英語を身に着けさせようとコツコツと勉強をさせたとしても正直かなり厳しいといえます。 その理由は英語の環境があまりにも少ないためです。

グローバル英語学院にもインターナショナルスクールの卒業生などがたくさんいます。 もちろん英語維持のために通っていただいているのですが、入会したときは英語をすらすらと話をしていたのに小学校の学年が上がっていくごとに英語の力が落ちていってしまいます。

グローバル英語学院以外にも卒園をしたインターナショナルスクールへも週に3日通っていても維持が難しいです。

何をお伝えしたいのかというと、英語を日本で身に着ける、学ぶというのはかなり難しいということです。 その理由は英語の環境があまりにも少ないため大変だということです。

インターナショナルスクールなどいつでも英語の環境ならば問題はないのですが、その後は日本の学校へ進むと英語を話す機会、聞く機会が驚くほど減ってしまいます。

これは中学生や高校生、大学生になっても同じで英語力を上げるには英語の環境に身を置くことが大事です。

日本で一生懸命捻出をする2000時間と、海外留学へ行っていつも英語の環境に2000時間身を置くのとでは英語を身に着ける速度も全く違いますね。

日本は英語が少ない国なのでどうしても英語力は伸びにくい環境であるといえます。

英語は2000時間で身に付く?のまとめ

英語が2000時間で身に付くのかといわれると個人差が圧倒的にあります。

あと日本では英語の環境を作り出すことが難しいので簡単にはいかないことが多いです。

そのため、どのように英語の環境を作り、英語漬けにできるのかが大きなポイントになりますので、英語を学ぶならばできる限り英語に触れる機会を増やすようにしましょう。

一覧に戻る