ページトップ

夢を持つすべての人のお手伝いをするグローバル英語学院

ブログ

blog

キッズコース スーパーコース レギュラーコース

American Life: October/Halloween

Halloween American Style

Well, October is already here after a long and rainy summer. I, for one, am very happy to be enjoying the cool autumn nights and the less-humid days. We are just starting my favorite season and I couldn’t be happier. There are two well-known autumn festivals in America one, Halloween and two Thanksgiving. I would like to just briefly talk about Halloween for this month’s blog entry as it is the most exciting of the two and it falls on October 31st. Thanksgiving is next month so I plan to write more about it then.  Halloween is a festival which is now celebrated by children and young adults. The version of the festival known in Japan most closely resembles the American version of the festival. Halloween is celebrated in other countries, as well but each country has its own, unique version. 


Today I will talk about my experience with the festival growing up as a child but mostly how it is celebrated in America.  But first I’d like to give some background.  I will try to answer the 5Ws (who, what, when, where, why and how to make it easier to understand). 


Who- Halloween as we think of it, getting dressed up in costumes and going trick-or-treating door to door is celebrated by children from about the ages of 2 years old until about 10.  University students also celebrate Halloween on their campuses and at parties. Young adults do not go trick-or-treating. Some houses won’t give you candy if you are too old. When possible, trick-or-treating (going door to door to get candy) is done on Halloween evening from around 7pm until about 9pm. I remember growing up and having trick-or-treat not on Halloween night because of school or for some other reason. To find out when trick-or-treat was scheduled you would have to check the local newspaper. 


Because of religious reasons not all children celebrate the festival.  Families that do not participate keep the  front lights of their houses turned off. Similarly they do not display Jack-O-Lanterns. Also many schools do not recognize the festival as not everyone participates. When I was growing up we used to have big Halloween parades dressed in our costumes at kindergarten and elementary school. I don’t think this is so common now.


What: Halloween is now coupled with trick-or-treat but they were originally separate festivals that were merged together. The original autumn festivals, costume wearing, pumpkin carving are all from various cultures and time periods and have been combined into what we now know as Halloween.


When: It is on the 31st of October


Where:Halloween is a hugely decorated festival. You can see lots of festive decorations (some cute, others scary) throughout your local neighborhood. Similar to Christmas, some households are extensively decorated and others not so much. Some families really spend much time and money to decorate their houses and yards. My family was somewhere in the middle. We carved Jack-O-Lanterns, welcomed trick-or-treaters and my house was mildly decorated. We didn’t spend much time or money decorating for Halloween. However, we carved a pumpkin every year and put it on our front porch. I still remember the smell of the pumpkin insides as I scooped it out with my family.


Why: I have not been in America during Halloween for many years. I have especially not been back since the pandemic started. I am not sure how this festival will change from now.  But until now Halloween has largely remained unchanged since my parents' generation. I am sure that Halloween will have to adapt and change with the times, though. These are interesting things to consider and to follow in the future.. Thank you for reading and Happy Halloween.


ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

アメリカ方式のハロウィン

さて、長い雨の夏が過ぎ、10月になりました。
僕は、涼しい秋の夜や湿度の低い日々を楽しめるのがとてもうれしいです。
僕の大好きな季節がまさに始まり、これ以上うれしいことはありません。
アメリカには、ハロウィンとサンクスギビング(感謝祭)の2つの有名な秋のお祭りがあります。
今月のブログでは、ハロウィンが2つのうち最もエキサイティングであり、10月31日に開催されるため、
それについて簡単にお話したいと思います。
サンクスギビング(感謝祭)については、またブログに書くつもりです。
ハロウィンは今や子どもや若者に祝われるお祭りです。
日本で知られているお祭りは、アメリカのお祭りととてもよく似ています。
ハロウィンは様々な国で祝われていますが、各国で独自の祝い方があります。

今日は、僕が子どもの頃にお祭りで経験したことについてお話しますが、
主にアメリカでどのように祝われているかについてお話します。
まず、いくつか背景をお伝えしたいと思います。
5W(わかりやすくするために、誰、何、いつ、どこ、なぜ、どうやって)を使って
答えていこうと思います。

【誰】
僕たちが思い浮かべるハロウィンは、2~10歳くらいの子どもが仮装をして、
いろいろな家をトリックオアトリート!と言いながらお菓子をもらいに行ってお祝いすることだと思います。
大学生もキャンパスやパーティーで同じようにお祝いをします。
若者はトリックオアトリート!と言ってお菓子をもらいに行くことはしません。
大きくなりすぎている人には、お菓子をあげない家もあります。
極力、トリックオアトリートは、夜の7時から9時くらいの間にします。
大きくなってくると、学校やその他の理由で、ハロウィンの夜ではないときに
トリックオアトリートをしたことを覚えています。
いつトリックオアトリートが行われるのかは、地元の新聞を見るとわかります。

宗教上の理由で、子供たち全員がお祭りをお祝いするわけではありません。
参加しない家族は、家の前のライトを消しておきます。
また、ジャックオランタンも飾りません。
多くの学校でも、ハロウィンを全員参加のお祭りとは考えていません。
僕が子どもの頃は、幼稚園や小学校で、仮装して参加する大きなハロウィンパレードがありましたが、
今ではあまり一般的ではありません。

【何】
ハロウィンは今ではトリックオアトリートと組み合わさっていますが、
元々は別々のお祭りで、後に統合されました。
元々の秋のお祭り、仮装、カボチャの彫刻は、すべて、様々な文化や時代のものであり、
現在ハロウィンとして知られているものに統合されています。

【いつ】
10月31日

【どこ】
ハロウィンは大々的に装飾されるお祭りです。
地元の近所でたくさんのお祭りの装飾(かわいいものだったり、怖いものだったり)を見ることができます。
クリスマスと同じように、たくさん飾り付けをしている家庭もあれば、あまりしていない家庭もあります。
家や庭を飾り付けするために本当にたくさんの時間やお金を費やす家庭もあります。
僕の家族は、中間くらいでした。
ジャックオランタンを彫って作り、トリックオアトリートに来る子供たちを迎え、
それなりに飾り付けをしていました。
ハロウィンにそんなに多くの時間やお金を費やしていたわけではありませんでしたが、
毎年カボチャを彫って、玄関前に置いていました。
家族と一緒にカボチャをすくい取ったときのカボチャのにおいは、今でも覚えています。

【なぜ】
僕はハロウィンの期間、何年もアメリカに戻っていません。
パンデミックが始まって以来、特に帰っていません。
このお祭りがこれからどう変わっていくかわかりません。
しかし今のところ、ハロウィンは僕の両親の時代からほとんど変わらずに続いています。
とはいえ、ハロウィンは時代とともに変化し、適応しなければならないと思っています。
これらは将来、考えるべき、また、関心を持つべき、興味深い点です。

お読みいただき、ありがとうございました!
ハッピーハロウィン🎃

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

グローバル英語学院(GLOBAL English Academy)

〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-23 サンローゼビル2階
(大和西大寺駅徒歩2分)

☎TEL:0742-32-1157
✉MAIL: globalenglishacademynara@gmail.com

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

一覧に戻る