ページトップ

英語の4つのスキルとは?最短距離で話す方法

ブログ

blog

キッズコース スーパーコース レギュラーコース

英語の4つのスキルとは?最短距離で話す方法

英語の4つのスキルとは?最短距離で話す方法

英語の4つのスキルとは?最短距離で話す方法

英語には4つのスキルがあります。

この4つを身につけることで話せるようになるといわれていますね。

もちろんいきなり4つのスキルを身に着けることは簡単ではありませんし、身に付くものでもありません。

この記事では英語の重要なポイントと言われている4つのスキルについて書いていきます。

英語を話すために大事なことなので英語力を伸ばしたい、スキルを身に着けたいと言う方は参考にして下さい。

英語の4つのスキルはインプットとアウトプットが大事

英語の4つのスキルとは何でしょうか?

まずはこのスキルについて書いていきます。

4つのスキルとは「読む」「聞く」「書く」「話す」です。

このスキルがバランスよく身についてくると英語を話せる力が身についてくると言われていますね。

この4つのスキルはインプットとアウトプットに分けられます。

「読む」「聞く」というのは英語をインプットするための必要なことでグローバル英語学院のレッスンで例えると外国人が話をしていることを聞く、音楽で歌を聞くなど耳で英語に触れることです。

また、読むというのは本を読む、カードを一緒にみて単語を読むなど目で見て自分の中に英語のスペルなどを入れ込むことです。

次にアウトプットは「書く」「話す」になります。

単語を書く、スペルを書く、アルファベットを書くとすべて文字にすることで覚えてことをアウトプットしますし、外国人と話す、先生と英語で挨拶をするというようにすべての単語で必要なことを口にしていくのです。

インプットすることで頭の中に入れて、アウトプットをすることで定着をしていきます。 例えば「hello」と話しかけられて「hello」とあいさつをするだけで「聞く」「話す」の2つのスキルを身に着けていくことになるのです。

インプットとアウトプットは重要

英語の4つのスキルを身に着けていくためにはこのインプットとアウトプットをバランスよく身に着けていくことが大事です。

たとえ英語を話せたとしても聞けなければ会話になりません。

また、メールやLINEで英語の文章をもらったとしてもそれが理解できない(読めない)ければ、そのメールやLINEに対して返信をすることができないため英語を身に着けているとは言えません。

つまり、アウトプット(話す、書く)ための能力を活かすためにはインプット(聞く、読む)がコミュニケーションを取るため、英語を話していくために必要不可欠な力になるといえます。

外国人の恋人ができると英語を覚えるのが早いと言われるのはインプットとアウトプットとバランスよくする機会が多いためといえますね。

日本の英語学習のデメリット

日本人が英語が苦手。

そして、中学校や高校でも英語が苦手な子供が多いのはこのインプットとアウトプットのバランスにあります。

英語のインプット(聞く、読む)はとても大事なスキルではあるのですが、日本の英語教育は圧倒的にインプットに偏っています。

大学入試の登竜門であるセンター試験やTOEICの内容をみてもリーディングとリスニングのみとなっており、作文や会話力というものはありません。

そのため、大学へ向けて勉強をするためには4つのスキルやバランスというものよりも「書く」「読む」ことを重点的にしたほうは点数が取れるため合格に近づきます。

もちろんその考えが悪いわけではなく「合格」を考えたときには間違いない方法ですが「英語を身に着ける」と考えると疑問に感じますね。

それに対して英検は4つ能力を養うための指標としてバランス良い試験構成になっていますので、英語力を試すならば英検の方が効果があるかもしれません。

しかし、大学入試にしても企業への就職にしても英検よりもTOEICの方が重要視されるので日本人は英会話力が低いと言われている理由があるのかもしれませんね。

つまり、TOEICの点数が高いから「英語もすらすら話せる」という証明にはならないということです。

もちろん日本もこのままでは英語力は伸びないということで2020年の教育改革を実施します。

これにより小学3年生から英語の教科が導入をされ、高学年になると成績も付くようになりますが、インプットの技能だけが重要視されアウトプットの部分はどうなるのかは不明なため不安も残りますね

2020年教育改革について

英語教育は日本でもかなり重要視されるようになっています。

もちろん子供もいきなりできるものではありませんので早めに準備をしておくことが重要だといえるでしょう。

英語を話せるようになる最短の方法

英語を話せるようになるためには1つのスキルを伸ばせばよいというものではありません。

「聞く」「話す」「書く」「読む」の4つのスキルをバランスよく伸ばすことで英語を最短で話せるようになります。

例えば、英語が全く離せない人が海外へ飛び込むと話せるようになってきますが、海外へ行くと日本語は通じません。

そのため、無意識に「聞く」「話す」「書く」「読む」をしており嫌でもそのスキルが身について話せるようになってくるのです。

1つのスキルを集中して伸ばしても英会話力はのびませんので、バランスよく4つのスキルを伸ばしていきましょう。

グローバル英語学院のレッスンは4つのスキルを伸ばす

グローバル英語学院ではこの4つのスキルを伸ばすレッスンを実践しています。

年齢や英語レベルを分析した様々なプログラムをオールイングリッシュでこなすことにより、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4スキルをバランスよく習得することが可能です。

また、子どもの発育・発達を考慮したカリキュラムで人格教育にも取り組んでいます。

週に1時間のレッスンで4つのスキルを学ぶというのは難しいですが、グローバル英語学院は1回のレッスンが2時間あるためしっかりと4つのスキルを身に着けられるように進めています。

しかし、単発ではすぐには4つのスキルは身に付きませんので4つのスキルにアプローチをするレッスンを継続的に受けることにより英会話力が身についてきます。

英語の4つのスキルのまとめ

英語の力を身に着けるためには4つのスキルをバランスよく身に着けることが大事であることがお分かりいただけたと思います。

グローバル英語学院のレッスンカリキュラムはこの4つのスキルをバランスよく学べるように組まれています。

そのレッスンを日本人と外国人がバランスをとって行うことにより効果を発揮します。

もちろん無理矢理させるレッスンではなく「子供がたのしい」「もっと英語を話したい」と思えるように日々取り組んでいますので、奈良で英語を探しているならば一度グローバル英語学院へ体験に起こしください。

様々なコースをご用意して元気で明るい職員がお待ちしています♪

お問い合わせ

もちろんお電話での問い合わせもお待ちしております。

問い合わせはこちらの
0742518880におかけください。

一覧に戻る