ページトップ

赤ちゃんからの英語の効果とは?いつから始めるべきなの?

ブログ

blog

キッズコース

赤ちゃんからの英語の効果とは?いつから始めるべきなの?

赤ちゃんからの英語の効果とは?いつから始めるべきなの?

赤ちゃんからの英語の効果とは?いつから始めるべきなの?

英語を始める時に気になるのはいつからがよいのか?

赤ちゃんの時期から英語を始めようと思っている方もいますが、そもそも赤ちゃんの時期に英語を始めることは早いのではないのかと感じてしまいますね。

しかし、中には赤ちゃんの時期から英語を始めるほうが良いという声もあるものです。

そんな英語を赤ちゃんにする時期やメリットについて書いていきましょう。

英語を始めるおすすめの時期とは?

結論としては赤ちゃんの時期から英語を始めることはおすすめです。

しかし、新生児期から始めても英語がそもそも聞こえていないためあまり意味はなく、英語と始める時期としては「生後6~8ヶ月ごろ」が適しているといわれています。

その主な理由は英語の耳を作ることです。 英語の音で大人がもっとも苦労をするのが「L」と「R」の音の聞き分けになります。

この2つの音を大人になってから英語を始めた人がいきなり聞き分けるというのは難しいもので日本人は苦手だといわれていますし、聞き取りだけではなく発音も苦労をするといわれていますね。

そんな英語に苦労をしている大人の人がたくさんいるのですが赤ちゃんの時期から英語を聞き分けることにより英語耳ができるため簡単に「L」と「R」の聞き分けができるようになるのです。

これは実際に証明をされておりワシントン大学学習研究所の研究を調べてみるとLとRの区別は生後10ヶ月~1歳ごろまでに学ぶといわれています。

それを考えた場合に少し前から英語に触れさせておくと英語耳ができやすいと言われています。

そのため、時期をしては生後6~8ヶ月ごろから始めておくとメリットもありますので積極的に聞かせる方がよいです。 英語を気軽に聞かせる方法としてはCDやDVDなどもありますが、それを使うよりも実際に生の声を聴かせる方がメリットは高いですし、活きた英語を身近に聞くことで赤ちゃんは自然と英語と学んでいってくれます。

(参考:赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるの?最新の研究でわかった、脳と言語のメカニズム

英語の勉強方法はCDよりも会話

英語を教えようと思ったときにママかパパが外国人ならば英語を自然に話しておくことで英語耳を作り上げることができますが、そうでない場合には何らかの教材を使うことになります。

身近な教材と言えば、CDやDVDなど音がでるものを使うことですが、正直あまりおすすめはしません。

その理由はCDにしてもDVDにしても受け身になってしまう教材であり、赤ちゃんが何か反応をしたとしてもかえってくるわけではありませんのでコミュニケーションが成り立たない教材なのです。

テレビを使って英語を教えている赤ちゃんと、テレビを見ていない赤ちゃんでは覚える語数も大きくことなるという研究もあります。

そのため、赤ちゃんの時期から英語を覚えさせるためにはコミュニケーションがとても大事なものです。

赤ちゃんが反応をすればそれに返してくれる、外国人が活きた英語で話しかけることで赤ちゃんとのコミュニケーションが取れるという状態になることが理想でありますね。

英語は聞いたことを真似ることでどんどんと身についていきますので、赤ちゃんから英語をしていくのならばCDやDVDなどの教材に頼るのではなく、実際に外国人や英語を話せる日本人と一緒に会話をするほうがメリットも高いでしょう。

日本語教育も忘れずにすることが大事

英語に苦労をしたため幼少期から英語ができる環境に身を置きたいと考える人もいます。

しかし、赤ちゃんの時期や幼少期こそ母国語は大事にするべきですね。

英語の教室に学びにくると話せるようになると思われがちですが、英語は母国語がしっかりとできている子供の方がしっかりとでてきます。

母国語ができることにより英語へとつながってきますので赤ちゃんの時期から英語と日本語をバランスよく教えていくことにより効果を得られます。

赤ちゃんの時期は脳が柔らかく柔軟なため英語と日本語を同時に学ぶことも問題がありませんので、英語を学びに行くのならば他の時には日本語もしっかりと教えてあげる方がよいでしょう。

英語に触れさせる機会を持つ

もちろん英語教室へ通って実際に外国人は日本人など人から活きた英語を聞くことが何よりも効果があります。

しかし、英語教室へ通った場合には週に30分から1時間程度の短い時間です。 その時間ではなかなか英語耳を作ることはできませんので家でも英語を聞かせる時間を作ると効果的です。

例えば、英語の歌をyoutubeやCDで聞かせるというのは良い方法です。 歌は自然と英語が入ってきますので時間を見つけて見せても良いですし、CDで歌を聞かせる時間を作っても良いですね。

他にも知り合いやママとパパが英語を話せるならば簡単な絵本の読み聞かせをしても良いです。 赤ちゃんの時期から英語教室へ通わせるというのは効果がありますが、時間は短いことがネックなので、他のほうほうでも補うと良いでしょう。

英語を子供に教えている家庭も最近は多くあり、実際にモノを見せて英語を教えた、伝えたという声もあります。

例えば、リンゴを実際に目で見せて「apple」と伝えればリンゴとappleがつながります。 そうやって家にあるバナナ、犬を英語でbanana、dogと伝えると効果もあります。

赤ちゃんの時期から英語を始めることは大事ですが、英会話教室に通うだけではなく自宅でも英語に触れる機会をつくってあげましょう。

グローバル英語学院の赤ちゃんコース

グローバル英語学院では赤ちゃん向けの英語コースも用意をしてます。

小さな赤ちゃんから通っていただけるモーニングクラブはママやパパと一緒に通っていただけるコースとなっていますので一緒にレッスンを受けていただき学んでいただけます。

他にも1歳児や2歳児など乳児のコースがあります。

赤ちゃんのレッスンも外国人と日本人が担当をさせていただき、楽しく英語を学べるレッスンとしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

グローバル英語学院には「いつから行けますか?」と赤ちゃんをお持ちの方からご連絡をいただくことも多いです。

答えは赤ちゃんの時期から始めても全く問題がないということなので、ぜひ一度体験へ起こしください。 赤ちゃんでも楽しめる英語レッスンを実践しています。

→ 【秋のイベント】グローバル英語学院体験レッスン

一覧に戻る