ページトップ

夢を持つすべての人のお手伝いをするグローバル英語学院

ブログ

blog

キッズコース スーパーコース レギュラーコース

英語を使う仕事とは?子供の将来の夢の参考に

英語を使う仕事とは?子供の将来の夢の参考に

英語を使う仕事とは?子供の将来の夢の参考に

英語を使う仕事とはどんなものがあるのでしょうか?

グローバル英語学院でも子供達はいつもがんばって英語を学んでくれています。

小学生くらいになると英語を話せるようになりますので、自信もついてくるようで「英語が好き」「英語が使える仕事がしたい」なんて言葉も聞かれます。

英語講師をしてはうれしい言葉ですね。

そんな風に英語が好きになってくれる子供をこれからも育てられるようにがんばっていきたいと思います。

子供たちと先日英語の使える仕事って何があるのかなとたまたま話しになったのでそれを記事にしていきたいと思います。

英語が使える仕事14選

翻訳・通訳

翻訳は日本語を英語にする。もしくはその逆で英語を日本語にするお仕事です。

英語と日本語の両方を理解しておかなければなりませんが、英語が分かっていれば仕事となりますしもう1言語をしっていればさらに幅が広がる仕事だといえます。

また、通訳は訪日をした外国人に対して観光案内をする仕事になります。

通訳の仕事に就くためには通訳案内士の国家資格取得が必須となっていますが、英語を最大限活用できる仕事だといえます。

外国語を話せるだけではなく日本の歴史や文化、外国の経済状況などを理解する必要もありますね。

客室乗務員

英語を話せる仕事の代名詞と言えば客室乗務員です。

特に女性から人気のお仕事となっており、飛行機に乗っている乗客を目的地まで安全に送り届けることが仕事になります。

国内線ならばあまり必要がありませんが、国際線への乗車をする場合には語学力は必須のお仕事です。

それ以外にも一緒に乗っている乗務員との円滑なコミュニケーションやお客様への気遣いなど幅広い力を求められるお仕事になります。

バイヤー

海外へ出かけることも多く、物を仕入れたり、時には輸出したりすることを基本をするお仕事です。

特に海外へ出かけて仕入れることがありますので英語の能力は必須ですし、英語で交渉をなどをしなければなりませんおで高度な英語力を求められるお仕事です。

また、会話以外にも書面の確認、データを分析したりと英語をフル活用できるお仕事だといえますね。

パイロット

飛行機を操縦する仕事です。

パイロットは航空会社の養成試験に合格をするか、航空大学を卒業するとパイロットになることができます。

乗務時は英語のやり取りが必要となり、海外での訓練も必要であることから英語力は必須のお仕事。

時には外国人パイロットとペアを組むことも就職先によってはあり得ますので英語力は必須のお仕事で子供からのあこがれの人気のお仕事です。

国連職員

世界保健機構(WHO)や国連児童基金(UNICEF)など国際連合が統括をする国際機関のもとで働くお仕事です。

外務省の応募要件には英語力は求められてはいませんが、2か国以上の外国語が堪能であることや修士以上の学歴を持っていると採用がされやすいです。

世界で活躍をしたい人にとっては最適な仕事であるといえるでしょう。

ちなみに2か国後は英語とフランス語が特に優遇されやすいという情報があります。

入国審査員

日本を訪れた外国人の入国審査や不法入国を取り締まる仕事です。

をされてから用意をされている語学研修で語学力を鍛えることができるため、採用前には英語力はなくても採用をされることもありますが、英語が元から話せる人の方が有利に働くケースがあります。

英語力が高い人ほど給与がアップしたりするため英語の勉強は必須のお仕事ですね。

旅行スタッフ

旅行の行程を建てたり、ツアーをプランナーしたり国内・海外の観光地を案内するツアーコンダクターのお仕事になります。

高度は英語力は必要ありませんが、外国人観光客にプランを建てるとなると書類も英語になりますし、当日までの連絡を英語で行いミスなくする必要があるため英語力を持っておく必要があります。

グランドスタッフ

空港で働く地上職と言われる仕事で空港での搭乗手続きや搭乗の案内を行うお仕事です。

いろいろな国籍の人が乗ることになるため、公用語である英語の力は必須です。

お客様と意思疎通を図る機会も多いお仕事なので試験でも英語は必ずあり、最低でも日常会話に困らない程度の力は必要だといえるでしょう。

貿易事務

貿易事務は商社やメーカーなどで輸入出に関わる事務のお仕事になります。

英語が必須の仕事で英語でのメール対応や文書の作成などが必要になります。

どちらも業種や業界の専門知識が求められるためその業界に関する知識を持つことが必要ですが、未経験者でも貿易事務検定の資格を持っていると有利に働くこともあります。

外資系の仕事

英語関係や外資系のお仕事に就いた場合には英語を必ず求められることになります。

社内の会話自体が英語を求められることもありますし、メールや電話も本社の海外から連絡がきて対応を求められることもあります。

外資系の会社によっては製品のこまかな単語まで理解できなければ大変なこともあるため、高い英語力を求められるでしょう。

ホテルスタッフ

ホテルでも外国人が多い場合に限ります。

日本でも名の通っているホテルに泊まる場合には英語力が必須となっている職場もありますね。

例えば、宿泊者の希望に沿うためのコンシェルジュなどは必須ですし、受付カウンターでも必須といえます。 

語学講師

英語と日本語を使って言葉を教える先生のお仕事です。

日本語講師として赴任をした場合には英語と使いながら外国の人に日本語を教える仕事になります。

先生として行くのですが、生徒との共通の言葉は「英語」なので英会話力を求められるお仕事ですので必要な英語力などは高く求められることになります。

英語保育園の先生

日本だと人気の英語の保育園(インターナショナルスクール)の先生のお仕事があります。

英語が話しをできて子供が好きであることが最低限求められることですが、保育士資格を持っていないと採用に至らないケースも多いです。

小さな子どもたちに英語を教えるお仕事として人気を集めています。

留学コーディネーター

留学希望者の学校選びから入学手続きまでを行い広く留学についてのアドバイスやサポートをするお仕事です。

渡航手配を代行したり、留学先の情報を仕入れたり、相手の学校の担当者と会話をしたりと英語力が必要な仕事です。

人の支援をする点も魅力のあるお仕事ですね。

英語と使うお仕事のまとめ

ここまで英語を使うお仕事を紹介してきました。

まだ世の中にはたくさんの英語を使うお仕事がありますね。

お仕事によって求められる英語力は異なっておりTOEIC500程度からでも採用をしてもらえる仕事があればTOEIC900くらいなければ採用に至らないようなお仕事もあります。

なりたい仕事によって求められる英語力も異なりますので何になりたいのかによって英語と一生懸命頑張って勉強しなければなりませんね。

一覧に戻る