ページトップ

夢を持つすべての人のお手伝いをするグローバル英語学院

ブログ

blog

アダルトコース

英語で就職に有利になるのは英検何級から?アピールできるレベルを解説

英語で就職に有利になるのは英検何級から?アピールできるレベルを解説

英語で就職に有利になるのは英検何級から?アピールできるレベルを解説

最近は会社でも英語を求めらえるところが徐々に増えています。

グローバルな会社へ就職をしたり、外資系や英語を基本とする職場となると英語の力を持っていることを証明できる資格が必要ですね。

しかし、履歴書へ書くとなると一定の英語の力は必要なのでここでは就職に有利に働く資格について書いていきましょう。

就職に有利?英語の資格とは?

就職に関して英検をアピールするのか?

それともTOEICの点数を高くすることで有利にアピールするのか迷うことも多いです。 実際には悩みどころでもあるのですが、そもそも英語の能力を持っていることで意味があるのかという点から書いていきます。

英語自体のアピール材料としては英語の資格などを持っていることは有利に働きます。 もちろん就職をする会社によっては有利に働かないケースもありますのでそこは注意をしましょう。

例えば、英語を全く必要をしない会社へ英語の資格をアピールしてもそこまで高評価をされることがありませんし、大人ならば問題なく取得できる英検3級を書いても採用側としてはアピールになりません。

英語が必要な会社に、一定の水準以上のレベルにあるのならばよいアピールになるでしょう。

英検は何級からアピールできるの?

では、英語が必要な会社へ就職をするという場合にどのような資格が必要なのでしょうか?

実際に就職をする際にアピールになる基準をしっておくことで大学生のうちに勉強を頑張れますよね。

当たり前ですが、英検1級を持っていれば十分アピールできるレベルであるといえます。 英検はここ数年で大きくテスト内容が変わっていますので、切り替わった後の英検1級を持っていれば十分アピールできます。

ちなみに1級については英検1級と準1級のレベルと内容を解説!最難関の試験の対策とは?に書いていますが、英検でも最難関のテストです。


レベルとしては「大学の中級程度」ですが、「英語を十分に理解し、使用できることをが求められるレベル」です。

1級を取得すれば「入試優遇、単位認定、海外留学など広範囲に渡り、とくに通訳案内士(ガイド)試験の外国語(英語)の筆記試験が免除される」などのメリットがあるくらい活用できるレベルです。

就職にアピールするくらいならば2級は必要

もちろん1級を取得できていれば問題はないのですが、そんなに簡単に取得できるほど簡単な試験ではありません。

しかし、さすがに「中学校卒業程度」のレベルになる英検3級ではアピールにはならずむしろ逆効果になります。

就職でアピールする最低レベルは「英検2級」以上です。

英検2級はどれくらいのレベル感かというと「高校卒業程度」の英語力となっており「英語の基礎レベルを持っている」人材というように判断をされるようになるためです。

準2級だと高校でも中レベル程度となり、もちろん英検3級よりは難しくなるのですがアピールには物足りない印象となります。

そのため、就職にアピールするならば英検2級以上からが最低レベルといえますね。

英検2級では就職に有利とは限らない?

ただし、注意をしなければならないのは英検2級でも最低限度のレベルであるということです。 最初にも書きましたが、英語の資格を書こうと思っているということは、英語が必要な会社へ就職や転職をしようと考えているということです。

英語を求められる会社となると「航空」「商社」「外資」などが上げられます。

特に外資系となると社内の会話もすべて英語で求められる、英語ができて当たり前のレベルとなります。

すると、英検2級では最低限度にも達していないと判断をされる可能性もあるのです。

英語をアピールするつもりが、就職を希望する会社によっては逆効果となる場合もあります。

外資系など日常が英語を求められる環境になると英検2級ではアピールにもならず、TOEICでも800点以上を求められます。

日系の外資だと700点くらいでも十分ですが、完全なる外資だと800点が基準となります。

例えば、韓国のサムスンやLG、ヒュンダイは入社の時点でTOEICの点数が800点を超えていないと就職すらできません。

TOEICの点数800点は英検準1級と1級の間となるレベルとなりますので、英検2級では物足りないことがお分かりいただけます。

就職の英語は資格よりも英語の能力が評価のポイント

就職で英語を使うとなると英検やTOEICの点数を上げようと思うでしょう。

しかし、根本を考えると「きちんと話せるのか?」「問題なく対応できるのか?」「会社で求める一定レベルに達しているのか?」という点を見ます。

資格を取得するだけの勉強をしても「現場で使えない」となると本末転倒です。

資格でアピールすることも大事ですが、それに加えて英語のスピーキングとリーティングの能力を付けておくことは重要だといえますね。

履歴書に書くときの注意点

履歴書を書くときの注意点を書いていきましょう。

英検をアピールするために履歴書へ書こうと思う方もいますが、間違ってはいけないのは正式名称を書くことです。

履歴書で「略語」はマナー違反です。

英検は「実用英語技能検定」と書くようにしてください。 例えばあなたが2級を持っているのならば「実用英語技能検定2級 取得」というのが正しい書き方になりますのでまちがえないように気をつけましょう。

英検よりもTOEICの方がアピールできる?

英検を就職にアピールすることについて書いてきましたが、実は就職となると英検よりもTOEICの方がアピールできます。

その理由は英検は日常的な会話のテストが多く、高い級数を持っていたとしてもビジネスに役立つのかと言われると疑問に感じる点もあります。

しかし、TOEICはビジネス英語を題材とした問題も多くより実践的であるといえます。

実際に企業によっては応募条件を「TOEIC」にしているところも多く、昇給や昇進に関しても「TOEIC」にしているところは多いです。

もちろん英検は1級取得しているけれどもTOEICは500点ならば英検をアピールすべきです。

英検2級以上で就職先へアピールしよう

就職に英語の力をアピールしたいならば最低でも英検2級は取得しなければなりません。 そのために大事なことは「コツコツと勉強をする」しかありません。

もちろん準2級以上でも履歴書に書くことはできますが、書いても評価をされることは少なく逆にレベルが低いと逆効果になるケースも多いです。

最低でも2級以上。

就職を希望する先次第では英検1級やTOEICで800点以上を目指す方がよいので、希望する就職先の応募条件をチェックしてみましょう。

一覧に戻る